DJ/トラックメーカーとして日本のみならず、これまでアメリカや中国、韓国など世界各国でDJを行い、自身のレーベルナイトのオーガナイズや、OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY、EDC Japan等のフェスに出演してきた『Seimei (セイメイ)』。これまでに、カナダのWET TRAX(ウェットトラックス)から「A Diary From The Crossing」や自身のレーベルTREKKIE TRAX(トレッキートラックス)より「The Truth Of The Myth」をリリースした彼が、アメリカのニューヨークを拠点とするSorry Recrds(ソーリーレコーズ)よりニューEP『Tokyo Funky Breaks(トーキョー・ファンキー・ブレイクス)』をリリースした。

このEPは、彼がDJとして拠点の1つとする新宿をテーマに完成させたブレイクビーツの楽曲郡をまとめたものとなっており、これまでに英DJ MagやMixmagといった海外主要メディアでも収録曲がプレミア公開されている。リミックスは、TREKKIE TRAXを共同主宰するSeimeiの弟であるCarpainterとボルチモア出身でニューヨークを拠点とするDJ/プロデューサーのJIALINGによるもので、本EPに収録されている楽曲たちの激しくダンサブルなドラム、ファットなベース、効果的に差し込まれるバイナルのスクラッチ音、ロボットのようなヴォーカルがさらにダンスフロアで盛り上がる仕様となっている。

また、本作のアートワークはSeimei本人がフィルムカメラで撮影した写真をニューヨークのアーティストJean Pierre(ジャン・ピエール)によるコラージュが採用されている他、マスタリングはTREKKIE TRAXでもリリース経験のある東京拠点のアーティストであるOyubi(オユビ)が担当した。

昨年、縁がありThe Lot Radioを含む、ニューヨークのベニューやラジオ局でDJする機会を得ることができました。その際、出会ったSorry Recordsの主宰であるNick Boyd(ニック・ボイド)にデモを送った所リリースが決まる運びになったのですが、もともと好きなレーベルの1つであったので、無事リリースされることとなり、とても嬉しいです。

新宿をテーマにした本作は、ある意味みんなのイメージ通り騒々しい内容になっていますが、その場所に居る人々の持つエナジーを生の状態で反映することを目指しました。
インバウンドの増加により、海外目線だと、どうしても外から見えるTOKYOがメディアで伝えられることが多い昨今、実際にローカルで活動する我々が表現するTOKYOをそのまま伝えることがもし出来ているのであれば光栄です。

Seimei

リリース情報
アーティスト名: Seimei (読み: セイメイ)
作品タイトル:Tokyo Funky Breaks EP (読み:トーキョー・ファンキー・ブレイクス EP)
発売日 : 2024年6月26日(水)
フォーマット: デジタル販売
レーベル:Sorry Recrods(読み: ソーリーレコーズ)

曲目:

  1. Freaks Come Out
  2. Freaks Come Out (Carpainter Remix)
  3. Lurking Intention
  4. The Robot Restaurant
  5. Tokyo Funky Breaks (JIALING’s Florida Fatality Breaks)
  6. Tokyo Funky Breaks

Smart URL
https://sorry.ffm.to/sr58

Share.

Comments are closed.